イーアンドイー株式会社
イーアンドイーの自己満ブログ イーアンドイーの自己満ブログ
  • 寒い日の朝にお湯が出ない時は凍結の可能性が高いです。
    2018.01.16 up

  • 豆知識
  • 寒波も中休みなようで、


    久々に日中は上着を少し薄手に変えてちょうど良いくらいの気温になりましたね!


    日当たりの良い屋内なんかはぽかぽかで、


    さぞお昼寝日和となるでしょう。




    お布団を干したら、今日はいい感じにふわふわになりそうですね!



    この後は天気下り坂のようですので、


    お洗濯されてるみなさん、




    取り込み忘れにご注意ください!





    さて、今日は暖かかったので、電話もそこそこでしたが、




    昨日・一昨日は電話が鳴りやみませんでした。






    なんの電話かといいますと、






    寒い朝、お湯を出そうと蛇口をひねってもお湯が出ない!!!








    という電話です。











    この時、考えられるパターンが何種類かあります。






    ①機械が故障している





    ②止水栓が閉まっている

    ※止水栓…給湯器の下についている水栓のことです。





    ③ガスメーターが止まっている






    ④配管の中で水が凍っている


    などなど…。







    例えばこの4つのうち、②・③・④はお客様ですぐに対応することが可能です!



    つまり、



    寒い中、ガス屋が忙しくて対応してくれないからお水で我慢…



    なんてことをしなくて良いこともあるんです!!












    「でも、うちの症状がどれかなんてわからないし、


    ややこしいこと言われたってわかんないわよ!!!」








    鈴木の母の叫びでございます。






    先日の寒波に我が家ももれなくやられたようで、

    お湯が出ないよとの電話にはりきって答えようとしたらこんなことを言われました。













    おっしゃる通り!!






    そこで、皆様に2つだけ


    試してみてほしいことをお伝えします。









    ①お湯の蛇口をひねってください!


    お湯が出ないって言ってるじゃない



    とお思いかもしれませんが、



    この時に、

    お水しか出ないのか、


    何も出ないのか、



    は、重要です!


    ・お水しか出ない場合

    給湯器の故障か、ガスメーターが遮断していることが考えられます。
    ガス会社に電話して、電話口の指示に従ってください。




    ・何も出ない場合


    配管の中で水が凍っているか、止水栓が閉まっている可能性があります。



    寒い朝に特に多いのがこのパターンです!!!









    寒い日の朝にお湯が出ない時は凍結の可能性が高いです。
    • この画像の矢印部分、



      止水栓と言います。



      保温材を巻きにくいこともあり、





      凍りやすい部分です!!





      もし、止水栓を回してみて、どっちにも回らない場合、




      おそらく凍っています!!!




      そんな時は、タオルを巻きつけて、



      普段手を洗うくらいのぬるいお湯をゆっくりとかけてください。




      間違っても沸騰したてのお湯をかけるなどしてはいけません。






      2、3分くらいで凍っていた水が溶けだして、お湯も出るようになります。







      もうひとつ、やってみてほしいことは.




      ②給湯器のコンセントを差し直してみてください!




      ①をやってみたけどお湯が出ない、冬でもないのにお湯の温度が安定しない、



      そんなときにやってみてほしいのがこれ。






      伝家の宝刀「コンセント・リセット」




    • 給湯器



      給湯器の近くにコンセントが必ずあります。




      それを抜いて、さし直すだけ!




      古いテレビをたたくような、





      ファミコンのソフトをふーふーしてみるような
      .



      空腹をお茶でごまかすような







      そんな応急処置的な対処法です。



      これでお湯が問題なく出るようになったとしても、




      原因が解決されるわけではありませんが、





      少なくとも今はお湯を出せます!




      そんな対処法です。





      また、コンセント・リセットでも直らない時ももちろんあります。





      コンセント・リセットを何回もしないといけない場合や、




      10年以上給湯器を使用している場合は、




      経年劣化などによる機械の不具合が考えられます。






      お湯が出るようになったからと安心せずに、



      ご連絡いただけたらと思います。





      今は時間が取れないけど、今お湯が使えないと困る!



      といった時のために、頭の片隅にでも留めておいていただけたらと思います。












      来週は、久しぶりの社員紹介のコーナーです!


      お楽しみに!